« 業績ヴィトンコピーの靴リポートは正式に依然として許可して通していないが | トップページ | ルイヴィトンベルト新作引く人夫が同類(RalphLauren) »

2015年4月10日 (金)

50年来向財布コピーこうへ行って

50年来向財布コピーこうへ行って、イギリスの王室の流行っている服装のデザインとアクセサリーの風格はずっと変化していて、ただ女王のエリザベス2世の着た革財布は一度も変えてません。
人々のとてもよく知っている1広告の語、“ダイヤモンドの恒が古くて、1粒は永遠に後世にまで代々伝わります”。イギリスの王室にとって、本当に永久不変ところがひとペアの革財布!
今週早い時期、88歳のイギリス女王のエリザベス2世と夫のフィリップスの親王は北アイルランドで1度出席してイベントを公開します。注意深い人は気づいて、女王は革財布を着て彼女が50年前にイベントに出席する時着たあの組とそっくりです。
イギリスのメディアは感嘆して、半分は世紀向こうへ行って、政治界は天地をくつがえさんばかりな変化が発生して、皇室の人の服装のデザインさえある程度変えて、ただ女王の革財布は永久不変のクラシックです。
刑務所のやはり(それとも)戴冠60周年に出席する祝典のイベント、イギリス女王を視察していつも同一の革財布を身につけているのなのにも関わらず:小さい牛革の材質、広いヒール、財布の表面は1条の金属の装身(装飾)具があります。彼女は特に“コーディネート自在”の黒い革財布を偏愛財布コピーして、各類がイベントを公開する中で出演率最高だ。
ブラジルのワールドカップの誘発するスポーツのブームの下で、スポーツの用品の業界は最も直接な受益者中の一つと言えます。
ワールドカップが開幕するのに従って、アディダスとナイキのマーケティングは大規模の戦いをしてルイヴィトン財布コピー無数な人の目を捉えました。
 
 4年の1度のスポーツの立派なごちそうとして、ワールドカップはスポーツのブランドにとってきっと1つの展示のブランドと製品の如実な巨大なショーウインドーで、更に消費者と得難いマーケティングの好機に連絡するのに深まります。国内の多いスポーツの用品の企業はアディダスとナイキのそのような十分な実力がないが、同じく逃したくありません。外資はチームの球技界の名選手を賛助するのに熱中ルイヴィトン財布コピーします
 
ワールドカップはスポーツの財布コピーブランドにとって、1度の正真正銘の“ユニホームの争奪試合”です。

« 業績ヴィトンコピーの靴リポートは正式に依然として許可して通していないが | トップページ | ルイヴィトンベルト新作引く人夫が同類(RalphLauren) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 50年来向財布コピーこうへ行って:

« 業績ヴィトンコピーの靴リポートは正式に依然として許可して通していないが | トップページ | ルイヴィトンベルト新作引く人夫が同類(RalphLauren) »